自分は大丈夫?審査に関するあれこれ

安定した収入を確保しているのか確認

銀行や消費者金融がカードローンを提供していますが誰にでも融資を行っている訳ではないです。安定した収入を確保している人物に対し、カードローンでお金の融資を実施しています。その為、安定した収入を確保していない人物は、遅延や滞納をする人物として判断されてしまい、融資を受けるのが厳しくなるので注意です。
パートやアルバイトでも安定した収入を確保できている人物は、カードローンで融資を受けられる可能性が出てきます。特に高額な年収を稼いでいる方は、優良顧客になる可能性があると判断されて、銀行や消費者金融に好印象を与えやすいです。収入面に問題がある方は、一円でも多くのお金を稼げるように一生懸命仕事をする事が大切です。

個人の信用情報にキズが付いていると危険

収入面に問題が無くても残念ながら審査に落とされてしまう可能性があります。それは個人の信用情報にキズが付いている場合、リスクの高い人物として銀行や消費者金融に認識されてしまい、審査を通過する可能性が極めて厳しくなります。個人の信用情報にキズがつく要因は、遅延や滞納の他に債務整理を実施する事です。
個人の信用情報にキズが付いているのが分かっている場合、対策としてある程度の期間を経過した後に申込を行う事が効果的です。信用情報は何時までもキズが付いている訳ではなく、期間が経過する事で少しずつ回復します。債務整理などで深刻なキズが付いている方も数年経過すれば、他の方と同様に信用情報を回復でき、審査に悪い影響を与えないで済みます。