とっても簡単!借入れから返済まで

カードローンの審査から契約までの流れ

カードローンに申し込みをすると審査を行いますが、主な審査内容は消費者金融も銀行もカードローンであれば、大きな違いはありません。
他社の借入がある場合は、総量規制の対象となる消費者金融のカードローンは希望の限度額以下での契約になる事もあるので、注意が必要になります。
審査の主なポイントは、会社員の場合は、在籍確認を行っている段階で仮審査には通っている可能性が高いといえます。
銀行のカードローンの場合は、本人に収入のない専業主婦の方でも申込みが可能なカードローンもありますが、基本的に配偶者に安定した収入がある事が、条件になりますので、事前に確認をしておく必要があります。
専業主婦の場合は、在籍確認はできませんので、申込みの確認という名目で電話確認を行う事が多くなっています。
契約完了後は、カードの形態により、すぐに利用できるタイプと専用カードが届くまでは利用できないタイプがあります。

カードローンは確実に返済をするのが最も重要なポイント

無事にカードローンの契約が済んで、キャッシュカードと一体型か専用カードローンかによりますが、通常は、指定のATMから借入れができるようになっています。
借入れに関しては、特に問題はありませんが、返済に関しては特に注意が必要になります。
返済は、基本的に毎月の定められた日に指定の金額を返済するタイプと繰り上げ返済の2通りが用意されています。
原則的に、毎月の返済は必須となっている事が多く、支払いの方法は様々ですが銀行の場合は、口座の引き落しになります。
繰り上げ返済に関しては、自分のゆとりのある時に返済をする事が、最も効率よくカードローンを利用するコツになりますが、確実に毎月の定額返済に関しては、滞納をしないようにしなければなりません。